歯列矯正装置の種類

歯列矯正装置の種類

歯列矯正に使用する矯正装置と聞くと、銀色の大きな金属が歯にズラリと並んでいる様子をイメージする方も多いのではないでしょうか?
しかし、最近は「快適に治療したい」という患者さん側の要望に応えるため、目立たない装置や取り外しができる装置などが開発され、様々な治療法が選べるようになってきました。

 

このページでは、歯列矯正で用いられる代表的な装置と、その特徴、メリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

金属ブラケット
金属ブラケットは、歯の表面に接着する金属製のブラケットです。一般的に、歯列矯正の装置として思い浮かべる装置は、このタイプのものでしょう。
メリット:
様々な不正咬合治療に対応できる
他の装置と比較して安価
デメリット:
近年小型が進んでいるが、歯の表面に大きな銀色の装置を装着するため目立ちやすい

 

審美ブラケット
審美ブラケットは、透明または白色の目立たない色のブラケットです。金属ブラケット同様、歯の表側に装着しますが、より目立たない作りになっています。

 

メリット:
金属ブラケットと同じく、様々な種類の不正咬合の治療に対応している
セラミックなど非金属ブラケットを採用しているため、金属アレルギーを持つ方でも使用が可能
デメリット:
金属ブラケットよりも強度が弱く、費用が高くなる傾向がある

 

セルフライゲーションブラケット
セルフライゲーションブラケットは、ワイヤーとブラケットの摩擦をより軽減させることを可能にした装置です。

 

メリット:
従来の矯正装置よりも効率的に治療ができる
通院頻度を下げて治療期間を短くできる
摩擦が少ないため痛みが軽減する
デメリット:
従来の治療法よりも治療費がやや高い
装置のサイズが大きい

 

裏側矯正
裏側矯正は、歯の裏側に装着するタイプのブラケットです。目立たない治療法ですが、特殊な装置を使用するため、歯科医師のスキルや経験が問われます。

 

メリット:
周囲の人に気づかれにくい
他の装置と比較して虫歯になりにくい
舌癖(歯の裏を無意識に舌で押す癖)が改善しやすい
デメリット:
表側矯正と比較して費用が高い
慣れるまで違和感が強くでるケースが多く、発音がしづらい場合がある

 

マウスピース矯正
マウスピース矯正は、薄い透明のマウスピース型装置を使用します。
ブラケットやワイヤーを使用しないため、自分で取り外しが可能という特徴があります。

 

メリット:
薄い透明のブラケットを使用するため目立たない
違和感や発音障害が少ない
デメリット
治療可能な症状が限られている